2020.07.22

新型コロナウイルス、子供はどんな症状が出る?医師が解説します。

新型コロナウイルスの感染者はここのところ若い世代が多いと報道をされていますが、若い世代だけでなく子供の感染例もあります。

今回は、20歳以下の未成年を子供とさせていただき、新型コロナウイルスと子供の感染について詳しく解説していきます。

初診からOK!オンライン診療はこちら

新型コロナウイルスにかかる子供は増えている?

新型コロナウイルスに感染する子どもはどのくらいいるのでしょうか。子供の新型コロナウイルスに感染したという報告は大人に比べると少なく、6月10日時点で厚生労働省が発表した20歳未満の感染者数は702人と報告しています。

子供の感染者数が少ない理由として考えられているのが、子供は新型コロナウイルスに感染していたとしても症状が軽度であることから、風邪と判断され、検査をせずに治癒している可能性があるということではないかと考えられています。そのため実はもう少し感染者数が多い可能性もあるのではないかという指摘もありますが、いずれにしても各世代と比較しても圧倒的に少ない人数となっています。しかし、感染のしやすさは大人と同じであるため、子供だから感染しにくいというわけではありません。

子供は幼稚園や保育園あるいは学校などに通い、集団生活の場に身を置いているという方が多いですが、子供の感染者の例を見ていくと、その多くが、こういった集団生活の場ではなく、家庭内で保護者から感染している日本小児科学会では報告しています。

子供が新型コロナウイルスにかかるとどんな症状が出るの?

子供が新型コロナウイルスに感染した場合の症状は、発熱、乾いた咳が主症状となります。大人のように鼻水や鼻づまりなどの上気道症状は比較的少ないとされています。もちろん、大人と同じように、発熱が続き肺炎になる例も報告されています。一部の方では嘔吐、腹痛や下痢などの消化器症状が出ている方もいます。大人のように味覚障害や嗅覚障害が出ているかどうかは分かっていません。特に低年齢の子どもは感染していても自分の症状をうまく伝えられないこともあるため、他にも症状が出ている可能性は考えられています。

新型コロナウイルスに感染していることが確認された後に、呼吸数が多い、肩で息をする、呼吸が苦しい、唇や顔の色が悪いという場合には肺炎に移行して重症化している可能性があります。

初診からOK!オンライン診療はこちら

新型コロナウイルス、子供は重症化する?

子供は新型コロナウイルスに感染しても重症化するリスクは大人と比べて低いことも特徴です。新型コロナウイルス感染症は年齢が上がるにつれて重症化する傾向にあります。ですが、2歳未満の子どもは比較的重くなる傾向があり注意することが必要であると日本小児科学会は注意喚起をしています。

また、小児ぜんそくなど呼吸器家の病気を持っている方や、基礎疾患がある方においては、肺炎を引き起こすなど重症化するリスクはあるため注意が必要です。さらに、日本では重症者が少ないという報告がある一方で、欧米では、川崎病と類似した症状が出現して重症化しているあるいは死亡したという例が報告されています。ですが、日本では新型コロナウイルス感染者に川崎病と類似した症状が出ているというようなことは確認されていないと日本川崎病学会が報告しています。また、新型コロナウイルスによって川崎病の患者数が増加しているというようなこともありません。

子供が新型コロナウイルスに感染しないための予防法は?

子供が新型コロナウイルスに感染しないための予防法は、大人と同じように手洗いうがいや手指消毒を励行し、マスクを着用する、ソーシャルディスタンスを厳守するということが必要です。

しかし、子供、特に低年齢ではマスクの着用やソーシャルディスタンスの厳守が難航することが考えられます。極力マスクを着用させ、距離を取って遊ばせる、人混みへ行かないようにするとともに、飛沫を浴びさせないような対策が必要となります。また、学会の報告から家庭内での感染が多いということを鑑み、家庭内でコロナウイルスの感染者が出た場合には幼稚園や保育園、学校を休み、集団生活の場に身を置かないことを厚生労働省が勧めています。

クリニックフォアグループのオンライン診療について

より便利に診療を受けていただくために、初診から受診可能なオンライン診療を始めました。自宅で・オフィスで・外出先で・スキマ時間に、ご来院いただかなくても、便利に診療を受けて決済いただき、必要なお薬をご自宅までお届けします。
クリニックに来院することによる新型コロナウイルス感染リスクを防ぐ為にも、ぜひご利用ください。

初診からOK!オンライン診療はこちら

また保険診療だけでなく、低用量ピル、ED・AGA治療薬、美容皮膚科などの自費診療のオンライン診療も行っております。ぜひご利用ください。

↓自費診療のオンライン診療はこちら

「新型コロナ相談」LINE公式アカウント

クリニックフォアグループでは、Lineの「新型コロナ相談」アカウントを開設し、BOT形式で疑問・ご質問にお答えしています。
クリニックフォアグループの医師が、厚生労働省やWHOの提供している情報や論文を元に作成しています。

公開日:6月16日

監修:クリニックフォアグループ医師

参考文献

公益社団法人日本小児科学会 https://www.jpeds.or.jp/modules/activity/index.php?content_id=326

仙台放送 https://miyagi.doctor-search.tv/voicedetail/MIYAGI-DVOICE-5000018

厚生労働省 https://www.mhlw.go.jp/content/000625148.pdf

日本川崎病学会 http://www.jskd.jp/pdf/20200506COVID-19_and_KD.pdf

※本記事は、上記公開日時点での状況・情報・エビデンスをもとに記載しています。新型コロナウイルス感染症については、日々状況が変化し、また新しくわかることも多々ありますので、最新の情報は、直近の記事や情報をご参照くださいますようお願いいたします。