2020.08.01

新型コロナウイルス(Covid-19)の感染対策について、医師が解説します。

新型コロナウイルス感染症が猛威を振るい、感染者数は増加傾向にあります。これから、夏休みを迎える中、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぎ、自分自身も感染をしないためには感染対策を徹底していくことが重要といえます。

ここでは、新型コロナウイルス感染症の感染対策について詳しく解説していきます。ぜひ参考にしてみてください。

初診からOK!オンライン診療はこちら

○手洗い・手指消毒・うがいの徹底

新型コロナウイルス対策として最も効果があり、誰でもかんたんにできるのが手洗いとうがいです。

手や指に付着しているウイルスの数は、流水による15秒の手洗いだけで1/100に、石けんやハンドソープで10秒もみ洗いし、流水で15秒すすぐと1万分の1に減らすことができるため、接触感染を防ぐには最も有効な方法といえます。新型コロナウイルスは飛沫を吸い込むことによって上気道から感染をするため、うがいもウイルスを排出するためには非常に有効的な方法といえます。外出先から帰った時や食事の前後、外出先でも多くの人が共有するドアノブや手すりに触れた後はこまめに手洗いをしましょう。

ですが、外出先に水道がない、手洗いができないという場合にはアルコール消毒も有効です。新型コロナウイルスはエンベロープという脂質でできた膜を持っているウイルスですがアルコールによってこの膜を壊すことができ、ウイルスを弱らせることができるため、アルコール消毒は新型コロナウイルス対策において有効です。外出先でどうしても手が洗えないという場合には、アルコール消毒を携帯して、アルコール消毒をしていきましょう。手洗いやアルコールによる手指消毒が済むまでは、手を口元や鼻に近づけることを避けることで接触感染を予防することができます。

○マスクの着用

マスクの着用も飛沫感染をする新型コロナウイルスには効果があるとしています。マスクは咳エチケットとして自分がウイルスを保持していた場合に他者に感染をさせないということだけでなく、ウイルスがうつらないためにも効果があります。一般で使用される不織布マスクは、医療用のサージカルマスクとほぼ同じ効果があるとされており、不織布マスクを装着することで、飛沫感染やエアロゾル感染に効果があると考えられています。これまでWHOは健康な人がマスクを着用しても新型コロナウイルスの感染を予防できる根拠がないとしていましたが、感染が広がっている地域の公共の場でのマスク着用を推奨すると発表しており、マスク着用の効果が世界的にも立証されている形となっています。

布マスクについては効果について研究がされていないため不明とされています。

○密集を避け、人との距離をとる

新型コロナウイルスは飛沫感染であるといわれています。飛沫とは咳やくしゃみ、会話の際に飛ぶ唾液のことを言いますが、この飛沫にはウイルスが含まれています。咳1回で、約10万個のウイルスが約2m飛ぶとされており、1回のくしゃみで、ウイルスが3mも飛ぶとしています。この時の速度は、時速約300kmともいわれています。さらに新型コロナウイルスに感染している人が1分間話すと、ウイルスを含む飛沫が少なくとも1,000個発生して、8分間は空気中を漂うということも最近分かってきています。このことからも、厚生労働省はソーシャルディスタンスとして人と2mほどの距離を取り、飛沫を浴びないようにすることを推奨しています。

初診からOK!オンライン診療はこちら

○密室を避けて換気を行う

当初、新型コロナウイルスは接触感染と飛沫感染のみと考えられていましたが、研究が進むにつれて空気感染の可能性もあることが分かってきました。空気感染を予防するためには、換気を充分に行うことと、密室を避けることが必要です。

ソーシャルディスタンスを取っていたとしても空気感染の場合にはウイルスが空気中を漂っているため、感染を避けることは難しいものです。換気を自分で行える環境にある場合には、窓を開けて空気の流れを作り、もしも自分で換気を行えない場合には、密室の利用を避けましょう。

○接触確認アプリの活用

最近、厚生労働省が新型コロナウイルス感染拡大予防として推奨しているのが接触確認アプリです。このアプリは新型コロナウイルス感染症の陽性者と接触した可能性があるという場合に通知を受け取ることができるものです。また、症状の有無についての確認もあり、該当する症状がある場合には検査の受信案内などの情報も届きます。

スマートフォンの近接通信機能(ブルートゥース)を利用しているため、プライバシーも保護され、本人が特定されることはありません。感染予防や、自分の周りの人に感染を拡大させないためにも、ぜひ活用していきましょう。

夏休みや行楽シーズンになれば外出をする機会も普段よりは増えてくるかもしれません。病院など医療機関の負担を軽減し、自分や周りの人が新型コロナウイルスに感染しないようにするためにも、外出をされる際には感染予防を積極的に行っていきましょう。

クリニックフォアグループのオンライン診療について

より便利に診療を受けていただくために、初診から受診可能なオンライン診療を始めました。自宅で・オフィスで・外出先で・スキマ時間に、ご来院いただかなくても、便利に診療を受けて決済いただき、必要なお薬をご自宅までお届けします。
クリニックに来院することによる新型コロナウイルス感染リスクを防ぐ為にも、ぜひご利用ください。

初診からOK!オンライン診療はこちら

また保険診療だけでなく、低用量ピル、ED・AGA治療薬、美容皮膚科などの自費診療のオンライン診療も行っております。ぜひご利用ください。

↓自費診療のオンライン診療はこちら

「新型コロナ相談」LINE公式アカウント

クリニックフォアグループでは、Lineの「新型コロナ相談」アカウントを開設し、BOT形式で疑問・ご質問にお答えしています。
クリニックフォアグループの医師が、厚生労働省やWHOの提供している情報や論文を元に作成しています。

参考文献

首相官邸 https://www.kantei.go.jp/jp/headline/kansensho/coronavirus.html

公開日:8月1日

監修:クリニックフォアグループ医師

※本記事は、上記公開日時点での状況・情報・エビデンスをもとに記載しています。新型コロナウイルス感染症については、日々状況が変化し、また新しくわかることも多々ありますので、最新の情報は、直近の記事や情報をご参照くださいますようお願いいたします。