2020.08.12

夏風邪と新型コロナウイルスの違いは?症状で見分けられる?

新型コロナウイルス感染症が依然蔓延していますが、夏になると夏風邪も流行しだします。夏風邪と混同し、自分の症状が夏風邪なのか、新型コロナウイルスなのかわからず医療機関に効果悩むという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、夏風邪と新型コロナウイルスの違いを症状で見分けるポイントを解説します。

↓自費診療のオンライン診療はこちら

夏風邪とは?

そもそも夏風邪とは、夏に流行る感染症のいくつかをまとめた総称としています。夏風邪の原因となるウイルスは、アデノウイルス、コクサッキーウイルス、エンテロウイルスで、これらのウイルスによって起こる感染症はプール熱、手足口病、ヘルパンギーナです。

これらのウイルスに感染して医療機関を受診した場合、症状を見て、病名を判定することが多く、どのウイルスに感染しているかの検査をすることも少ないです。また、症状が類似しているため、結果として夏風邪とひとくくりにされてしまうことがあるのです。

夏風邪と新型コロナウイルスの違いは?

実は、医師であっても夏風邪と新型コロナウイルス感染症を症状のみで見分けることは非常に難しいとしています。厚生労働省の新型コロナウイルス感染症診療の手引き(第2.2版)においても、「初期症状は多くの症例で、発熱、呼吸器症状(鼻閉など,鼻汁,咽頭痛,咳)、頭痛、倦怠感等が見られます。下痢や嘔吐などの消化器症状の頻度は多くの報告で10%未満であり、SARSやMERSよりも少ないと考えられる。初期症状はインフルエンザや感冒と似ており、この時期にこれらとCOVID-19を区別するのは困難である」と記載されています。

医療機関で使用される診療の手引きにこのことが記載されているのですから、一般の方が症状のみで夏風邪と新型コロナウイルスを見分けるのはなおのこと難しいでしょう。

夏風邪は、頭痛、のどの痛み、高熱、下痢、腹痛をともなうのが特徴です。特に、高い熱とのどの痛みは新型コロナウイルス感染症でも起こることがあります。また、夏でもインフルエンザがはやることもあります。インフルエンザの場合は咳などの上気道症状を伴うこともあるため、この点でも新型コロナウイルス感染症と類似しています。特に夏はエアコンを使用することによって空気が乾燥するため、のどの痛みなどの症状を感じやすくなり、新型コロナウイルスとの鑑別が難しくなります。

夏風邪を予防すると新型コロナウイルスの予防にもなる?

夏風邪も新型コロナウイルスと同じく原因はウイルスです。そのため、マスクの着用や、ソーシャルディスタンスをとる、手洗いうがいを徹底することで予防へとつながります。

特に夏は暑くて寝苦しく、睡眠不足になったり、食欲が落ちて冷たいものばかり食べるなどして栄養不足になったりと免疫力が低下しやすくなります。バランスのとれた食事を摂ったり、睡眠をしっかりと取れるように環境を工夫して、免疫力を挙げることも予防に必要です。

夏風邪と新型コロナウイルスの判別ができない場合には?

体調が悪いけれど夏風邪と新型コロナウイルスの判別ができないという場合には、自己判断せずに医療機関へご相談ください。新型コロナウイルスは放っておくことで重症化する場合もあるからです。ですが、新型コロナウイルスかどうかもわからないのにいきなり医療機関を受診してしまえばウイルスをまき散らしてしまいます。

まずは、コールセンターなどに電話で相談をするようにしましょう。特に、近隣で新型コロナウイルスが流行している、濃厚接触をしているという場合には、新型コロナウイルス感染を疑って行動することで感染を拡大させないようにすることができます。

クリニックフォアグループのオンライン診療について

より便利に診療を受けていただくために、初診から受診可能な自費診療(低用量ピル、アフターピル、AGA・ED相談、美容皮膚科)のオンライン診療を始めました。自宅で・オフィスで・外出先で・スキマ時間に、ご来院いただかなくても、便利に診療を受けて決済いただき、必要なお薬をご自宅までお届けします。
クリニックに来院することによる新型コロナウイルス感染リスクを防ぐ為にも、ぜひご利用ください。

↓自費診療のオンライン診療はこちら

「新型コロナ相談」LINE公式アカウント

クリニックフォアグループでは、Lineの「新型コロナ相談」アカウントを開設し、BOT形式で疑問・ご質問にお答えしています。
クリニックフォアグループの医師が、厚生労働省やWHOの提供している情報や論文を元に作成しています。

公開日:8月12日

監修:クリニックフォアグループ医師

※本記事は、上記公開日時点での状況・情報・エビデンスをもとに記載しています。新型コロナウイルス感染症については、日々状況が変化し、また新しくわかることも多々ありますので、最新の情報は、直近の記事や情報をご参照くださいますようお願いいたします。

参考文献

国際感染症センター http://dcc.ncgm.go.jp/prevention/topic/060/topic13.pdf

https://news.yahoo.co.jp/articles/2c76e3739ecc2c43cbe2dd32f268c4fb56b47f08

ときわ漢方 https://www.tokiwakanpou.com/2019/10/05/2797/

厚生労働省 https://www.mhlw.go.jp/content/000650160.pdf