ウレタンマスクはコロナ防御効果なし?医師が解説します。

皆さんは普段、どういうマスクを着用していますか?

何度も洗って使うことができるウレタンマスクや布マスクを着用している方を街中ではよく見かけます。最近では、一般的な不織布(ふしょくふ)マスクを使っている方よりも多いくらいですよね。実はこのウレタンマスクや布マスクは新型コロナウイルスの感染対策に効果が低いと言われていることはご存知でしたか?

今回は、このマスク問題について、詳しく解説していきたいと思います。

ウレタンマスクは本当に効果がないの?

ではまず、このようなウレタンマスクに対する批判が集中し出した背景を説明しておきます。

昨年12月に、国立研究開発法人「理化学研究所」が発表した、スーパーコンピューター「富嶽」による、マスク素材ごとの飛沫防止効果のシミュレーション結果が話題を呼びました。

それによると、自分が他人にうつしてしまう「吐き出し飛沫量」は、不織布マスクでは約80%カット、である一方でウレタンマスクでは約50%しかありませんでした。つまり、不織布マスクでは吐き出し飛沫量は20%程度に抑えられるにもかかわらず、ウレタンマスクではその2-3倍の量を吐き出してしまい、それだけ他人に感染させるリスクが上がってしまうということです。

この研究結果により、ウレタンマスクをしている人への風当たりが強くなっているのが現状です。

また、このコロナ禍においては他人にうつさないことも大切ですが、そもそも自分が感染しなければ他人にもうつす心配がないということで、感染予防としての側面も肝心です。

そのような感染予防の指標である、「吸い込み飛沫量」は不織布マスクでは約70%カットできますが、ウレタンマスクでは30-40%しかカットされないという結果になりました。つまり、不織布マスクでは吸い込み飛沫量は約30%に抑えられますが、ウレタンマスクではその2倍以上の飛沫量を吸い込んでしまうということです。

つまり、ウレタンマスクは、飛沫量の吐き出し・吸い込みの観点において、不織布マスクの半分以下の効果である、ということがこの実験結果から言えます。

さらに、国立病院機構仙台医療センター臨床研究部ウイルスセンター長の西村秀一医師による研究では、5μm以下の飛沫ではウレタンマスクの効果がさらに低いと報告されました。不織布マスクでは2.0-5.0μmの粒子では98.4%、0.3-0.5μmの粒子でも90%以上の磁粒子除去性能があった一方で、ウレタンマスクでは5.0μm以下の粒子は全て1%以下という、ほとんど除去性能が0であるという実験結果になりました。

以上のことから、ウレタンマスクの感染予防効果は不織布マスクに比較して大きく劣る可能性が示唆されました。

ウレタンマスクはやめたほうがいいの?

とは言え、ウレタンマスクの予防効果も0ではありません。

何もマスクを着用しないよりはウレタンマスクでも着用したほうが良いのはもちろんです。不織布マスクでは肌が荒れてしまうから他のマスクを使わざるを得ないという方もいらっしゃるでしょう。

そこで、ウレタンマスクを使う場合の注意点を紹介しておきます。

まずは、使用回数を必ず守りましょう。

洗って使えるからと言って、永遠に使い続けられるわけではありません。

ウレタンマスクは使うたび、洗うたびに劣化し、飛沫除去機能がどんどん落ちていきます。そのため、ほとんどのウレタンマスクには使用回数が表示されていますので、その回数を守りましょう。

また、リスクに応じて使う場所も選ぶべきです。人が密な場所へ行く場合はやはり効果の高い不織布マスクを用い、感染リスクが低い場所へ行く場合はウレタンマスクを使う、などと言った使い分けも可能かもしれません。

肌荒れがどうしても辛い方は、ウレタンマスクの上に不織布マスクを重ねて使う、というやり方も効果的であると考えられています。

© Benesse Corporation 1988-2021/しまじろう

「新型コロナ相談」LINE公式アカウント

クリニックフォアグループでは、Lineの「新型コロナ相談」アカウントを開設し、BOT形式で疑問・ご質問にお答えしています。
クリニックフォアグループの医師が、厚生労働省やWHOの提供している情報や論文を元に作成しています。

監修:クリニックフォアグループ医師 奥村雄一郎

公開日:2021年2月11日

参考文献

ウレタンマスクはNG?着用批判に専門家くぎ-「洗いすぎ」には注意を|JIJI.COM https://www.jiji.com/jc/article?k=2021020400191&g=soc  

実験で新事実「ウレタンマスク」の本当のヤバさ|ウイルス専門家、西村秀一医師が徹底検証|東洋経済ONLINE https://toyokeizai.net/articles/-/409607’’