内科

心不全・心臓弁膜症・心筋症

どんな病気?

心不全というのは良く聞くことがあると思いますが、簡単にいうと、全身をめぐる血液循環が何らかの原因で悪くなる状態のことを言います。原因はさまざまで、心臓、腎臓、肺、肝臓、高血圧、ホルモン、貧血(赤血球の減少)、低栄養、感染症等、本当に様々です。

中でも、心臓が原因で心不全がおきる場合として多いのは、心筋梗塞(上記参照)、心臓弁膜症、心筋症です。心臓弁膜症とは、心臓の中にある逆流防止弁が何らかの原因で不具合が生じる病気です。
本来一方向性に流れる血液が、心臓の中で一部逆流するようになることで血液循環が停滞しやすくなります。心筋症とは、心臓は筋肉の塊でできていますが、その筋肉組織に一部もしくは全体に変性(正常の細胞ではなくなってしまう変化)が生じる病気です。正常の細胞でなくなってしまうことで、心臓がポンプとして力強い働きができなくなってしまい、血液循環が停滞しやすくなります。

どんな症状?

循環血液量が増えるタイプの心不全では、典型的には、足がむくむようになった後、平地歩行でも息切れがでるようになり、最終的には横になると息苦しくて眠れなくなり、救急車を要請!となります。
循環血漿量が増えないタイプの心不全では、過度なストレスで血圧が急上昇したり、不整脈や心筋梗塞に合併しておきたり、といった血液循環が突然停滞するようなことをきっかけに起きることがあります。(両方の病態が混在することも多いです。)

どんな検査・治療を行いますか?

心電図、採血検査、レントゲン、心エコー検査(経食道エコー検査も含む)、心臓MRI検査、心臓カテーテル検査を行います。これらの検査で、心臓の状態、構造的な評価を行います。

治療は、内服治療が基本ですが、心臓弁膜症に関しては構造的な不具合が原因なことが多いので、最終的には手術が必要となります。その場合は、開胸手術により壊れた弁膜を修復する治療が基本ですが、最近ではカテーテルによりより低侵襲でこれらの手術をうけることができます。大動脈弁、僧帽弁については、現時点では非常に限られた施設ではありますが、今後さらに発展していく分野だと期待しています。

また重症な心不全では、心臓両室ペーシング治療、補助人工心臓、心臓移植などの治療があります。
軽症な場合は、クリニックレベルでもフォローアップが可能ですが、重症な場合は、一度大きな病院での綿密な病態評価と厳格な治療方針を立てる必要があります。

クリニックフォアグループ【内科・アレルギー科・皮膚科】あなたのためのクリニック

日付:  カテゴリ:内科

末梢動脈硬化疾患

どんな病気?

大動脈から分岐した血管(木でいうと、枝)の生じる不具合の病気です。全身どの血管にも不具合が生じる可能性がありますが、一般的に多いのは、首の血管、足の血管、腎臓の血管で、動脈硬化により狭くなりやすいです。

どんな症状?

狭くなる血管が栄養している臓器に血液が流れにくくなりますので、それが症状として現れます。
首は特に脳梗塞のリスクが高くなるので、注意が必要です。腎臓であれば、腎機能が突然悪くなります。足の血管では、歩行時の疼痛、足の倦怠感を自覚するようになります。

どんな検査・治療を行いますか?

内服治療が基本ですが、明らかに血流量が低下する程に狭くなっている部位は、カテーテル治療(冠動脈治療を参照)や、血管の内膜剥離術を行います。
足の血管の場合、完全に詰まってしまった場合は、他から血流も流すバイパス手術を行うこともあります。(冠動脈バイパス手術を参照)

クリニックフォアグループ【内科・アレルギー科・皮膚科】あなたのためのクリニック

日付:  カテゴリ:内科

心筋梗塞

急性心筋梗塞はどんな病気?

心臓は全身に血液を送るポンプの役割をしていますが、その心臓自身も冠動脈という血管により血液が送られ、動いています。冠動脈の血管の内側に体にとって余分な脂肪等からなるプラークが形成され、そのプラークが破れてしまうことで、冠動脈が急に詰まってしまい、心臓に血液が流れなくなります。心臓に血液が完全に流れないと、約5分で心臓の細胞が死ぬ、もしくは死ぬに近い状態になってしまいます。そうなると、心臓は止まってしまうため、心筋梗塞は、医療が発展している現在においても、命に関わる大きな病気なのです。
完全に血液が流れなくなる状態でおきるのが「急性心筋梗塞」、普段よりはずっと少ないながらも少しは血液が流れている状態でおきるのが「狭心症」です。

どんな症状がでる?

典型的な症状は、労作時や安静時に冷や汗がでるくらいの強い胸痛です。胸部がぐーっと締め付けられて息ができなくなるくらい、重い石を胸の上に載せられている感じ、左肩や喉から奥歯までがぐーっと熱くなる感じ等ですが、症状は人によって様々です。経験のある医師であってもわからないような症状を訴える方もいます。心配がある場合は、是非ご相談ください。

どのような検査、治療を行いますか?

心筋梗塞や狭心症を診断する時にまず行うのが、心電図検査、採血検査、心エコー検査です。その後、命の危険が高いと思われる場合はすぐに大きな病院での心臓カテーテル検査・治療が必要となります。診断が難しい場合には、心臓CT検査や心筋シンチグラフィーという検査を行います。

治療は、心臓カテーテル治療、もしくは開胸手術による冠動脈バイパス手術があります。カテーテル治療や開胸手術が難しい場合は、内服治療が選択される場合もあります。カテーテル治療では、カテーテルという数mmの細い管を冠動脈の中に入れて、そこからバルーンという風船で狭い部位を広げ(時には硬くなった部位を削ったりします。)、広げた血管が再び狭くならないようにするためステントという金属を置く治療を行います。(ステントを置かない場合もあります。)

冠動脈内にステントを留置した場合は、とくにその後の内服治療の継続が非常に重要になります。冠動脈バイパス手術は、自分の体の中に存在する余力がある血管(多少いじっても困らない血管)を使って、血流が悪くなっている血管の代わりに、心臓に血液を流すための新たな道を作る治療です。患者さんにとっては、開胸手術は侵襲が大きいですが、今でもこちらの治療を選択した方が良い場合もありますので、担当医によく説明を聞いてください。

クリニックフォアグループ【内科・アレルギー科・皮膚科】あなたのためのクリニック

日付:  カテゴリ:内科

だるさ

だるさ
だるさ

「体が重くて力が出ない‥」と、顔が濡れたアンパンマンのようになっている人もいるのではないでしょうか??日々ハードワークをしている方々にはそんなだるさは大敵だと思います。だるさの原因を知りたい、対処法を知りたいという方に読んでほしい記事です。

どんな症状か

だるい、とは医学的に言うと【全身倦怠感】のことです。
だるさについては、絞り込む病気は色々あるので難しいところはありますが、今の現状を聞くのと、検査で原因がわかることも多いです。

だるさの原因は?

単純に疲労でだるくなっていることもあれば、病気(身体面か精神面か)で起こっている場合もあり、様々な原因が考えられます。

身体的なだるさ

気力はあるけどやり遂げられない。期間は短くて急激に起こった。休息や睡眠で良くなることもある。見た目辛そう。
→感染症、糖尿病、甲状腺機能の障害などホルモンバランスの障害、貧血、薬剤、悪性腫瘍、膠原病、妊娠などなど。

精神的なだるさ

行動自体がやる気しない。長時間休んでも良くならない。睡眠障害があったり。気分が落ち込んでいる。
→うつ病などの精神疾患など。

だるさを放っておくと?!

身体的な病気については、その原因を治療すれば治る可能性が高いです。
精神疾患については、きちんと専門医の治療が必要になります。

診断方法

まずは今までの経過を聞きます。その時に、急激に出たのか、それとも前々から長い経過なのか、何か別の症状があるのか、休息で改善するのか、などの病歴でおおよそ絞り込めます。また、血液検査をして、それらの身体的な病気がないかを除外していきます。

治療方法

原因疾患によって治療は異なります

だるさの原因を探るためには

まずはだるさを感じたら、診察し検査をするために受診をおすすめします。クリニックで原因が分かれば、適切な専門家に紹介することができます。

だるさは日常生活に悪影響を及ぼす?!

だるさがあるだけでも日常生活がおっくうになってしまいますので、また、ホルモンバランスの異常であれば、放置していると悪化する可能性もあるので早めの受診をお勧めします。

クリニックフォアグループ【内科・アレルギー科・皮膚科】あなたのためのクリニック

日付:  カテゴリ:内科

逆流性食道炎

胸焼けがする、ムカムカするなど症状があるならば、それ胃酸が逆流しておこっている症状かもしれません。

逆流性食道炎って?!

胃食道逆流症(GERD)という概念があり、これは胃から食道に胃酸が逆流することにより、食道の粘膜がただれる、もしくはそれに伴う症状(例えば胸焼けなど)が起こることを言います。つまりは、粘膜の変化がある、びらん性のGERDと症状のみを認める非びらん性のGERDの2タイプに分類されるということです。

逆流性食道炎の症状

胸焼けが典型的な症状です。他にも胸痛や呑酸(どんさん)といって喉のあたりが酸っぱい感じがする、胃酸の感じがする、喉の異常な感覚、飲み込むときに痛いなどあります。
 消化器らしくない症状としては、咳、嗄声(声がしわがれること)、ゼイゼイ言うなどがあります。

逆流性食道炎の原因

胃酸の逆流で胃酸が食道に入ることが原因です。
胃酸の逆流は、食道裂孔ヘルニアといって食道と胃の間のしまっているところが、横隔膜よりもズレルことにより圧が低下して起こったりします。他にも食道がうまく動かなかったり、食道と胃の間のしまっているところがいきなりゆるんだりすることにより起こります。
ただ、食道の粘膜の変化がない非びらん性GERDでは違う仕組みで症状が起こっているようです。

逆流性食道炎の診断方法

診断的治療(下記参照、まず胃薬を飲んでみる)と、胃カメラによる診断を行います。

逆流性食道炎の治療方法

服薬による治療

まず、胃酸逆流による症状が疑われて、胃カメラをやらない場合は胃薬を飲んで効果が出るかを見ます。効果が出なかった場合や、胃カメラでびらん性のGERDの所見があった場合は、8週間の、プロトンポンプ阻害剤(PPI)や他の薬を併用した初期治療を行います。それでも継続したり、治りにくい方もいらっしゃるのでPPIの内服を継続したりします。
もちろんびらん性の逆流性食道炎の場合は強力な酸分泌抑制するお薬を使ったほうが症状が早く治ると言われています。また、場合によっては、胃での消化不良が原因となっている場合もあるので消化管の運動機能を改善するお薬や漢方を処方したりします。治療法についてはきちんと主治医と相談しましょう。

生活習慣の改善

生活習慣の改善も大事ですが単体では治療とはなりません。食道と胃の間の括約筋がゆるむものとして、たばこ、チョコレート、炭酸飲料、右を下にして寝ることが挙げられています。また、食道が酸に暴露する時間を増やすものとしては、タバコ、アルコール、チョコレート、脂肪が多い食事、寝た姿勢、右を下にして寝た姿勢です。
実際に症状を悪化させるものはタバコ、アルコール、寝た体勢ですのでそれを避けたり(寝た体勢を避けるのは難しいかと思いますが)、症状を軽くするものとしてベッドの頭側を上げたり、肥満のかたは体重を減らしたりが効果的と言われています。

病院を受診するタイミングは

胃酸の逆流による症状と思われればまずは内科などで胃薬内服で様子見る場合がありますが、それでも改善しなければ胃カメラができる施設、かつ消化器内科の医師の診察をおすすめします。

逆流性食道炎は早期治療が大事

放置していると色々困ったことが起こります。バレット食道と言って、食道の粘膜が胃の粘膜と勘違いして胃の粘膜のようになることで、食道癌の発生するもととなると言われています。
また、喘息を誘発するとも言われています。放置しておくと、胃酸の逆流で歯が溶けたり、咳がずっと続いたり、肺炎を繰り返したりもします。
ちなみに、粘膜の変化があるびらん性のGERD患者については、BMI(body mass index)が高いとは言われていますが、肥満だとGERDになりやすいとはまだ言えてはいないようです。

クリニックフォアグループ【内科・アレルギー科・皮膚科】あなたのためのクリニック

日付:  カテゴリ:内科

虫垂炎

虫垂炎とは、虫垂に何かしらの原因で炎症が起こり、虫垂が腫れてくる病気です。

虫垂炎の症状とは

痛みが始まる数時間〜1日前くらいで、胃炎様の消化不良症状や、お腹がはった感じが出るかもしれません。便通もいつもと違うかもしれません。
そして、普通は特定の部位でない腹痛が出て、その2−3時間後に嘔気が出てきます。
この説明を聞いてわかると思いますが、「ちょっと普通より食欲なくてお腹張ってたら、痛くなってそのあと吐き気も出てきた」って感じなのですが、その描写を正確にできる人は結構珍しいかと思います。そしていわゆる典型的な痛みは、一番強い部位が右下腹部であると言われているのですが、虫垂の向きによってどこでもありうるというのが正直なところです。それがさらに診断を難しくしています。

虫垂炎の原因は

虫垂とは、盲腸という大腸につながっている細い「ひも」みたいな臓器です。
何をしているかは以前不明でした。ダーウィンの「種の起源」から言わせると、痕跡器官として記載されています。ヒトのものは動物のそれより小さいため、使われず退化したと、言われています。

ただ、実際虫垂の中身はというと、『内部には特殊化した免疫細胞と分子がぎっしり詰まっています。虫垂は免疫系に必須の部位で、微生物の共同体を守り、育て、情報を伝達し合う。虫垂は微生物のバイオフィルムを形成している。バイオフィルムとは、互いに支え合い、有害な細菌を侵入させないように守る層のことである。どうやら虫垂は、人体が微生物のために用意している隠れ家のことなのだ』(10% Human より。)ということで、免疫系を担う重要な臓器であり、成人まで残しておいたほうがいいという意見が最近ではあります。
 ただし、虫垂炎は、虫垂が糞石と言われる石で閉塞するなど、なんらかの原因で、起こったりします。

虫垂炎を放っておくと?!

そのまま放置していると、虫垂が破裂して、その周りの腹膜に炎症が出たり、便が漏れるので大変なことになります。破裂して初めて高熱が出ます。これで死に至る方もいます。

虫垂炎の診断方法とは

診断は、腹部エコーで見える場合もありますがそれなりの技術が必要です。あとは腹部CT(造影剤を使ったCT)で判断します。

虫垂炎の治療法について

治療は重症度によりますが、抗生物質の点滴で「散らす」方法と、手術により虫垂を取る方法があります。

こんな時は病院を受診しましょう

腹痛がなかなか治らない、特に右下腹部に痛みが出たり、歩くと響くなど、症状が出てきたら早めにクリニック受診をおすすめします。診断にCTが必要だったり、虫垂炎が確定すれば、クリニックで対応できない場合は、外科的な処置ができる大きな病院にご紹介することになります。

虫垂炎は早期発見が大切

早期治療することによって、虫垂が破裂することを防ぐ可能性があります。
ただ、先ほどお伝えした様に診断が難しいため、腹痛がある場合は、慎重に経過観察をし、痛みが強くなったりしたら再度診察してもらうなど、対応は必要です。
そのため、「虫垂は成人まで残しておいたほうがいいという」意見もありますが、虫垂炎が命に関わることを考えると、虫垂を残すか(薬物治療で乗り切るか)、切除するかどうかは、よく外科医の先生とご相談されることが良いでしょう。

クリニックフォアグループ【内科・アレルギー科・皮膚科】あなたのためのクリニック

日付:  カテゴリ:内科 and tagged ,

貧血

貧血

「貧血」と聞いて、いわゆる「朝礼で立っていたら」意識をなくしたっていうことを想像する人もいるかもしれません。確かに意識無くすこと、フラフラするっていう意味で使う方もいらっしゃいますね。それは、いわゆる「脳貧血」というものでしょう。今回お伝えする「貧血」はちょっと意味が違いますので混同しないように注意してください。

貧血とは

血液中には、赤血球、白血球、血小板などの組織がありますが、そのうち赤血球の量が減ってしまうことです。

貧血の症状

酸素を運搬している赤血球が減少することで、酸素不足の症状が起こります。具体的には、階段登る時に息切れしたり、動悸がしたり、めまいなど。ひどくなると意識を失ったり、顔面が真っ白になったりなど様々な上昇が起こります。

貧血の原因

メインは出血による血液の喪失があります。女性だと月1回の月経により、多かれ少なかれ鉄不足になります。子宮筋腫や子宮内膜症など、婦人科系の病気っていうのがあると月経が重く、出血量が多くなりやすいので貧血になります。また、胃や腸から出血する(胃潰瘍十二指腸潰瘍やがんなど)、痔からの出血などによっても起こります。
栄養素の不足では、鉄が有名です。他にも葉酸やビタミンB12の不足でも貧血が起こりますし、血液疾患(血球が壊れてしまうことや血液が作れない病気)、腎不全で腎臓から出る造血ホルモンの不足などでも起こります。

貧血がひどくなってしまうとどうなる?

根本的な原因によりますが、放置していると、どんどん貧血が進行することが多いです。出血は、急激に血液がなくなると酸素運搬ができなくなるので、症状も急激に起こります。ただ、月経の出血など、慢性的に起こっていると、ひどい貧血があっても本人がけろっとしていることが多いです。
どちらにせよ放置すると死に至る可能性があります。

貧血の診断方法

診断は、診察でも、眼瞼結膜(あっかんべーをして、見える下まぶたの裏の赤い部分)が白くなることである程度わかります。またひどい貧血だと顔面蒼白になります。腸や胃からの出血であれば、便が赤かったり黒かったりするので直腸診で便を調べます。
貧血が疑われたら、血液検査をします。血液検査では、血球系(赤血球だけでなく、白血球や血小板も減少していないか)や、どういう貧血かをMCV、MCH、MCHC(MCV=赤血球の平均的な大きさ MCH=赤血球一個あたりの平均的なヘモグロビン量 MCHC=赤血球中の平均ヘモグロビン濃度)などの血液検査項目で見立てを立てます。
他にも、原因によって鉄などの血液検査項目を追加します。

貧血の治療方法

治療は、「貧血に対する治療」と「原因に対する治療」を行います。貧血に対する治療は、軽い貧血なら輸液ですし、Hbの低下が著しければ輸血をすることがあります。

今現在、出血している場合

原因によりますが、今現に出血していればそれを止める治療をします。

鉄欠乏性貧血の場合

鉄欠乏性貧血では、鉄を補充しますし、ビタミンB12・葉酸欠乏では補充します。

血液疾患の場合

血液疾患では、それに応じた対処をしますし、腎不全からの貧血では、造血ホルモンのエリスロポエチン製剤の注射を行います。

どんな時に貧血の治療が必要になるのか

健康診断で貧血を指摘されたらもちろんのこと、貧血による症状(黒色便や血便、息切れや動悸など)が疑われれば、早急な受診をお勧めします。かなり境界線は難しいですが、顔面蒼白や意識が無くなったりしたら大病院がいいでしょうが、日常生活が送れるくらいならまずは内科クリニックを受診してみてください。

貧血は早期治療が大切

軽度の貧血でも、きちんと治療をすることで、「全身倦怠感がなくなって体が軽くなった」「階段が息切れせずに登れるようになった」という声もあります。今まで酸素不足の中で頑張っていたのですから、すごい制限の中で生活されていたのだなあと、治療している患者さんをみるとしみじみ感じます。
なので、そのような日常生活に制限を感じているようであれば、一旦治療を受けてみたら良いかもしれません。
なお、重度の貧血を放置しておくと、心臓に負担がきて貧血による心不全になりますので注意が必要でしょう。

クリニックフォアグループ【内科・アレルギー科・皮膚科】あなたのためのクリニック

日付:  カテゴリ:内科 and tagged ,

肺炎

風邪から肺炎へ

肺炎

風邪を拗らせて、肺炎になり、入院した、っていう経験した方もいるのではないかと思います。風邪かと思って様子見てたら、苦しいし、咳長引くし、熱が38度代でなかなか下がらない‥‥。ってなったら注意した方が良いでしょう。

肺炎は重症化する

肺炎は死亡率第3位です。重症度や原因菌によりますが、65歳以上が死亡の95%以上を占めているので、ご高齢の方はリスクになります。原因菌1位の肺炎球菌については、65歳以上の方々の予防接種が推奨されており、定期接種が制度化しております(詳しくは肺炎球菌ワクチンについて)。また、糖尿病や自己免疫疾患などの、免疫力が弱くなっている方も重症になりやすいので注意が必要です。

肺炎の症状

最初に申し上げたように、肺炎初期は風邪のような症状だったりしますので、初期だと診断がつきにくい場合があります。なぜなら肺炎は、呼吸音の変化(医師が聴診器でじっくり聞いてるアレです)→胸のレントゲンの変化に時間的なタイムラグがあるので、レントゲンでも影がはっきりしないことが多々あるのです。そのため、最初に風邪と診断されたからと言って安心せずに、症状がなかなか良くならなかったり、水分も取れないくらいぐったりするようならまた再度診察を受けてください。特に免疫力が弱い方は症状が急速に進行することがあります。

肺炎の原因菌は一つだけではない

なお、肺炎球菌だけでなく、様々な菌やウィルスでも肺炎は起こりますので、その原因菌に合わせた適切な抗菌薬や抗ウィルス薬を使う必要があります。最初の初期症状の時に抗生剤を使っていると、ひどくなった時に痰や血液の培養で菌を特定しようとしてもみつからない場合もあるので、治療の方針は医師とよく相談しましょう。

クリニックフォアグループ【内科・アレルギー科・皮膚科】あなたのためのクリニック

日付:  カテゴリ:内科 and tagged , ,

不整脈

どんな病気?

心臓自体は筋肉の塊ですが、その中に電気が流れる回路が走っていて、電気が流れることで自動的に心臓が縮んだり広がったりして、全身に血液を流すポンプとして働いています。心臓が効率よくポンプとして機能するために、通常は一定のリズムを守って動いています。
不整脈とは、普段のリズムと違った脈のことを全体的に言いますが、人は誰でも不整脈は持っているものですので、その中で病的意義(治療をしないと色々と問題になるもの)が大きいものが治療対象となります。

どんな症状がでる?

不整脈は大きく分けて、脈が速くなるものと、脈がゆっくりになるものがあります。脈が速くなる場合は、ほとんどの人が動悸として感じます。
一方、脈がゆっくりになる場合の症状はさまざまで、めまいや一瞬意識がなくなる、全体的に疲れやすい、吐気やめまいを訴える方もいます。(脈が速い不整脈でも、重症な場合には遅い不整脈と同じような症状を感じることがあります。)

どんな検査・治療を行いますか?

心電図や24時間心電図でほとんど診断可能です。しかし、不整脈の病気は全て、現行犯逮捕をしないと診断がつかないので、症状がある時にこれらの検査を行う必要があります。1日に1回以上症状がある場合は、すぐに診断できますが、それ以下の頻度の場合は、繰り返し検査を行う必要があります。少し面倒ですが、心臓の病気は、放置すると命に関わる可能性が高いので、頑張って検査を続ける意義は大きいと考えます。

治療は、脈が速くなる不整脈に対しては、内服薬が基本ですが、内服薬よりも心臓カテーテルアブレーションという治療が優先される場合もあります。カテーテルアブレーションは、不整脈の原因となっている異常な電気回路に対して、軽いやけどを人工的に作ることで、回路に電気が流れないようにする(つまり、不整脈が起きなくなる)治療です。他にも、一般的な頻度としては高くありませんが、命の危険が高いような速い不整脈には、植え込み型電気的除細動器という、心臓の中から直接電気ショックをかけるような機械を必要とする場合もあります。
一方、脈が遅くなる不整脈は、ペースメーカーという機械を入れる治療が必要になることがほとんどです。遅い脈を速くする薬は現在の医療ではありません。(一時的に速くすることができる薬はありますが。)現在のペースメーカーは、とても軽量化されているので、体格の良い方であれば、ほとんど目立ちません。また、リードレスペースメーカーといって、心臓の中に直接とても小さなペースメーカーを入れることもできるようになってきました。(現時点では適応となる不整脈は限定されています。)

クリニックフォアグループ【内科・アレルギー科・皮膚科】あなたのためのクリニック

日付:  カテゴリ:内科 and tagged

胸痛

胸が痛い...若い人でもそういう訴えをする方はいらっしゃいます。メディアのイメージから、心臓病じゃないかと心配する方もいらっしゃいます。

胸痛について

症状

胸の痛みです。

痛みの箇所

局所的か、全体的か、を判断します。

痛みの感じ

ちくちく、押されるような感じ、刺されるような感じなど色々あります。

痛むタイミング

前屈みになった時に増強する、深呼吸時に増強するなどがヒントになります。

怖い痛み

胸全体が押されるような痛み、運動時の痛み、休んでるときの痛み。

あまり怖くない痛み

ちくちく刺されたような痛み、部分的な痛み。時間は関係ない。

ですが、特に、糖尿病がある患者さんでは痛みに鈍くなっているので、心筋梗塞の強い痛みも少しの痛みにしか感じないか、全く感じない場合もあるので、恐ろしいです。
ただし、この痛みのかんじだけでは判断できないので安心しない方がいいでしょう。

胸痛の原因は?

胸にはいろいろな臓器があります。心臓、肺、大血管、筋肉、神経、骨、乳房などです。年齢や喫煙歴や家族歴(血の繋がった家族に心臓の突然死や、動脈硬化が原因で起こる疾患があるかどうか)、もともと持っている病気により、どれが疑わしいかの確率が変わっていきます。

一般的には胸痛を感じたらどうなってしまう?

心筋梗塞や肺炎胸膜炎、大血管の病気は命に関わることもあります。

肋骨や筋肉、神経の痛みは、1週間程度で収まることが多いです。

ただし、帯状疱疹後の痛みは長く続くことがあります。

診断方法

心電図、胸部レントゲン、採血などで調べ、より心臓の詳しい検査をする場合は心臓のエコーや、胸のCT、冠動脈を造影して血管を調べたりなどをします。

胸痛の治療方法

病気により異なります。

心筋梗塞

肺炎胸膜炎など

神経や筋肉由来の痛みであれば、鎮痛剤などで経過を見ることが多いです。

受診のタイミングは?

心筋梗塞が疑われる時には、循環器内科や救急体制がしっかりしている大きな病院を受診することが望ましいので救急車を呼びましょう。かつ、door to ballon timeという、発症してから、カテーテルを行う時間が生存率に関わります。もしクリニックなど小さな病院で診察して、心筋梗塞が疑われる場合は、そこから大学病院などに紹介する可能性があります。特にもともとかかりつけがなく、発作的な痛みも今まで起こったことがなく、若い方であればまずは開業医の受診でも問題ないと思われます。

早期受診が大切

どちらにせよ痛みが強い場合は、痛みがあるときに内科か循環器科を受診して、心電図などの検査をすることが大事だと思います。特に狭心症の痛みでは、収まったりまた起こったり、繰り返すものなので、「どういう状況で、どれくらいの持続時間で、どれくらいの強さの痛みが起こったか」を記録しておくと、医師が診断する上で助けになります。痛みが繰り返す場合でも、精査が必要かどうか医師とよく相談しましょう。

クリニックフォアグループ【内科・アレルギー科・皮膚科】あなたのためのクリニック

日付:  カテゴリ:内科 and tagged , , , , , ,

©2019 クリニックフォアグループ【内科・アレルギー科・皮膚科】

pagetop

予約する 予約