2020.08.13

辛い生理を少しでも快適に過ごす方法とは?医師が解説します。

生理の時期は、生理痛も辛かったり、生理時の症状も辛かったりと生理時の過ごし方に悩まされている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

生理の時期を少しでも快適に過ごすためにはどうすればよいのかを、症状別にご紹介します。

↓↓国内最安!

低用量ピルのオンライン診療について

生理痛が辛い原因は?

まずは、生理痛が辛いという方が快適に過ごす方法をご紹介します。生理痛が起こる原因は主に3つあります。

1つ目は、痛みの元となる物質が分泌されることによるものです。生理痛は、妊娠が成立しなかった時に、妊娠のために準備していた子宮内膜をはがすために起こります。この時にプロスタグランジンという物質が分泌され、この物質によって子宮が収縮されて、月経血として子宮内膜が体外に排出されます。このプロスタグランジンによる、子宮収縮が生理痛の原因となります。このプロスタグランジンの分泌量が多ければ多いほど、生理痛の痛みが強くなると考えられています。

また、プロスタグランジンは子宮だけでなく血管をも収縮させる作用があります。血管が収縮することで、血液の流れが悪くなってしまい、骨盤内でプロスタグランジンが滞ってしまいます。そうすると痛みが増強したり長く続いてしまうとも考えられています。

2つ目は子宮の出口がせまいことによるものです。特に、出産経験がない女性や若い女性は子宮の出口が狭くなっているため、血液がスムーズに体外に排出されないため、痛みを引き起こしてしまいます。

3つ目はホルモンバランスの乱れによる血行不良です。ストレスや疲労などによってホルモンバランスが乱れると、血行が悪くなります。血行が悪くなると、体温の調節がうまくいかずに体が冷えてしまいます。身体が冷えると生理痛を強めたり、痛みの原因となるプロスタグランジンが子宮内にとどまってしまって、生理痛を悪化させる可能性があります。

生理痛が辛い方が快適に過ごす方法は?

生理痛が辛い方が生理期間を快適に過ごすためには生理痛を緩和させることが必要です。生理痛を緩和させる最も手軽で効果的な方法が鎮痛剤の服用です。鎮痛剤には痛みの元となるプロスタグランジンの分泌を抑制する働きがあります。ですので、痛むときにはもちろんですが、痛みを感じる前に服用しておくことで、プロスタグランジンの分泌が抑制され、痛みを感じずに過ごすことができます。痛みがかなり強く、早く痛みをとりたいときは座薬タイプの鎮痛剤を使うことがおすすめです。

鎮痛剤を使用すると効きが悪くなるのではと考えて積極的に鎮痛剤を使用しない方もいらっしゃいます。痛みが弱いあるいはまだ痛む前に鎮痛剤を使用すれば少量の鎮痛剤で済むものの、痛みが強くなってから使用すると強いものを使用しなければならなくなります。少量を数回使用する分には、痛み止めの効果がなくなるということはありません。ですが、強いものを毎回使用しているとさらに強い鎮痛剤でなければ効かないということになる場合もあるため、早い段階で鎮痛剤を使用することをおすすめします。

また、身体を温めるというのも生理痛の改善に効果的です。特に下腹部を温めることで血行が良くなり、プロスタグランジンが子宮内にたまってしまうことを防いだり、血行を良くすることで、生理痛の悪化を防いだりします。生理痛が辛い時こそゆっくりと入浴をしたり、腹部を温める服装を心がけましょう。冷たい飲み物や食べ物に頼らず、温かいものを食べたり飲んだりし、ショウガなど身体を温める食材を積極的に食べることも良いです。

さらに、ストレスをためないということも必要です。ストレスや疲労をためずにホルモンバランスを安定させることも必要です。普段以上に睡眠をしっかりと取ったりストレスを改善したりする生活を心がけましょう。生理期間中はだるくて動きたくないという方もいらっしゃるかもしれませんが、もともと運動習慣がある方は、生理の1週間前から生理中にかけて、ジョギング、ウォーキング、スイミング、あるいはヨガやエアロビクスなど軽い運動をすると骨盤内に経血が溜まることを防ぎ生理痛の緩和につながります。

PMSが辛い方が快適に過ごす方法は?

生理前から生理期間中にかけてPMS(月経前症候群)に悩まされる方もいらっしゃいます。PMSは月経開始とともに消失しますが、中には月経開始から1~2日は症状を引きずる方もいらっしゃいます。

PMSには情緒不安定、イライラ、抑うつ、不安、眠気、集中力の低下、睡眠障害、自律神経症状としてのぼせ、食欲不振・過食、めまい、倦怠感、身体的症状として腹痛、頭痛、腰痛、むくみ、お腹の張り、乳房の張りなどさまざまな症状があります。PMSの原因ははっきりとわかっていないものの女性ホルモンのバランスが乱れることが原因であると考えられています。

対処法として、ストレスをためないようにリラックスして過ごすことが必要で、場合によっては仕事をセーブすることも必要です。マッサージをする、アロマオイルを活用するなどご自身のリラックスできる方法を知り、日常の中に取り入れてみてください。カルシウムやマグネシウムを積極的に摂取し、カフェイン、アルコール、喫煙は控えることもおすすめです。

PMSは病気ではないと理解されにくいこともありますが、症状が悪化することによってPMDD(月経前不快気分障害)隣精神科への通院が必要になることもあります。周囲へ理解をしてもらい、自分のペースで生活をしていくことが対処法につながります。

出血によって起こる貧血が辛いという方が快適に過ごす方法は?

月経がはじまると出血量が多くて貧血になるという方もいらっしゃいます。その方の血液の状態や生活習慣にもよりますが、月経のたびに貧血が起こるということはあまり多い事例ではありません。そのため、出血によって貧血が毎回起こる場合には過多月経といい月経血の量が他の方よりも多い可能性があります。過多月経の場合は医療機関を受診して治療をすることが必要です。

ですが、毎回ではなくたまに月経によって貧血を起こすという方の場合には、鉄分を補給することが必要です。食事やサプリメントを活用して鉄分を多くとることを意識するほか、ハードな動きやスポーツを行わずにゆったりと過ごすことで貧血の予防へとつながります。

生理期間を快適に過ごすために低用量ピルの活用を

月経痛やPMSを改善して生理期間を快適に過ごす方法に低用量ピルという選択肢があります。低用量ピルは、排卵を抑制することで、ホルモンのバランスを整え、月経痛もPMSも改善させることができます。また、生理痛の原因となる月経困難症や子宮内膜症といった病気を改善させる可能性もあります。

クリニックフォアでは初診から全国どなたでもオンライン診療で低用量ピルの処方を行なっています。事前問診3分、診療3分のみで完了し、薬は最短当日発送いたします。

クリニックフォアでは、低用量ピルの専用ケースを無料でプレゼントしています。

持ち運ぶのが少し恥ずかしいという方におすすめです!

生理痛、ニキビなどの生理にまつわる症状が軽くなるという効果もあるため、避妊以外の目的で服用される方も多くいらっしゃいます。低用量ピルの処方をご希望の方はぜひクリニック フォアグループへご相談ください。

↓↓国内最安!

低用量ピルのオンライン診療について

更新日:2020年8月14日

監修:クリニックフォアグループ医師

参考文献

エスエス製薬 https://www.ssp.co.jp/eve/period_pain/cause/

https://www.ssp.co.jp/eve/period_pain/cause/lifestages.html

https://www.ssp.co.jp/eve/period_pain/selfcare/stretch.html

厚生労働省 http://w-health.jp/monthly/algomenorrhea/

http://w-health.jp/woman_trouble/thyroid/

公益社団法人日本産科婦人科学会 http://www.jsog.or.jp/modules/diseases/index.php?content_id=13

日本女性心身医学会 http://www.jspog.com/general/details_10.html